出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

菜の花カーペット

こんばんは。今日は何とびっくり、白い朝で幕開けの
出湯温泉でした。昨晩寒いなぁと思ったのも納得。
目覚めがすっきりしていたのも納得。(花粉飛散も
一休みの模様。)
この前、サヨナラしたばかりでしたが、この冬の
積雪では田んぼの水が心配だったのでしょうか、
名残惜しかったのでしょうか、雪が再び登場。
卯月の雪となりました。昨日満開の桜の下でのお花見
現場をお伝えしましたのに。自然の動きはなんとも
豊かですね。


うっすら積もりました。

満開の桜の木々にも、結構厚めにお化粧が
施され、珍しい美の世界でした。(が、
なんだか慌ただしくしていたため、写真に
収めそびれました。すみません…)

用事を足した帰り道、お隣新潟市北区にある
「福島潟」へちょっと寄り道しました。
こちらの湿地、野鳥の楽園でして、多くの鳥ファンの
方々が年間通して訪れていらっしゃいます。
冬はオオヒシクイの越冬地としても有名です。

四季それぞれに魅せられる景色。
春は、一面黄色の菜の花カーペット。



今朝の雪を纏った、五頭連邦をバックに、
まばゆいじゅうたんが目の前に広がります。


美しい景色に、暫し感動。 


とは申しましても、ちょっと寄り道の限られた時間
でして、後ろ髪引かれながら家路へと。

宿よりお車で約30分。春の花旅、お勧めスポット
です。

 
越後路 | comments(0) | trackbacks(0)

桜並木の下で


こんばんは。花曇りの一日となった出湯温泉です。

ここ出湯温泉のある、五頭の里への今年の桜便りも、
近年では恒例となりました、速達。
あっという間に満開になりました。

業平の詠む「世の中に〜」の心境です。
儚い桜の世界です。お花見したくて、でもなかなか
出かけられずにいまして、ちょっとしたすきに
お隣のお寺さんの桜を愛で愉しんでいます。  
 
  

こちらは出湯の鎮守神さまのお社に咲く桜↓


今日の午後、思いがけず時間が取れましたので、
ふと思い立ちお隣の集落「畑江」にある
五頭いこいの森へとお茶セット携え遊びに行きました。

こちらの森は、「全国森林浴100選」にも選ばれし、
とても素敵な森なのです。出湯温泉からは、遊歩道
「電気山道」を通って徒歩15分ほどで着きます。
(今日は車でしたので、当館よりほんの3分程です。)

広大な敷地の横を大荒川という川が流れ、その河原に沿って
それはみごとな桜並木が続きます。とても開放的で
それでいて敷地が広いので、混み合う事はあまりなく、
キャンプサイトもあるので、おすすめ穴場的お花見スポット
なのです。まさに、知る人ぞ知る場所。ホントは秘密に
しておきたいくらいのお気に入りのお花見会場なのです。

私の突撃訪問ですが、いつもお世話になっている
いこいの森の管理人さんをお誘いして、今日は桜並木の
下で野点を愉しみました。ちょっとお湯がぬるかったのは、
次回への課題とすることにしましても、とても楽しいひと時
でした。

管理人さんがたまたまお持ちになっていたおむすびや、
油揚げなども並んで、即席ピクニック。


ピザ釜を作ったり、看板をつくったり、森のお手入れを
していたスタッフの方々もお呼びして、即興ティー
パーティーの開催です。こんなことならもっと入念に
お菓子を準備すればよかったです…次回また。



若葉のころに、完成したピザ釜でピザを焼いてもらい、
お茶を点て、またみなさんと楽しい時間を過ごせたらと、
いこいの森での野点の野望は続きます。










 
清廣館 | comments(0) | trackbacks(0)

三条さんぽ

こんばんは。昨日はとても暖かく、桜も一気に開花しましたが、

今日は一変菜種梅雨、朝から昨日の反動もあってか肌寒い

一日となりました。



さて、先週三条のまちを訪れる機会がありまして、

三条さんぽを決行しました。何かと話題満載の三条

燕エリアです。新潟県のほぼ中央に位置し、古くから

日本に於いてもトップを走る、金属の地場産業がとても

盛んな場所です。当宿からは場所にもよりますでしょうが、

お車で(したみち)およそ1時間ー1時間30分の距離です。



最近オープンしたての素敵なカレー屋さん「三条スパイス

研究所」さんでランチを頂き、そのあとは包丁屋さんの

「タダフサ」さんへお邪魔しました。タダフサさんでは

憧れの包丁が、ギャラリーのようにディスプレイされ、

それは素敵な空間でした。



その後、タダフサさんお薦めの、「マルナオ」さんという

お箸やさんへお邪魔しました。(御許可を頂き撮影させて

いただいています。こちらから、写真があります…)



マルナオさんの素敵な建物、のどかな田園風景の中に

そびえています。



お店の扉のバーが、お箸なんです。可愛らしいですね。



お箸の端材で作られたという、とてもおしゃれな

ディスプレイ。





店内には、種類豊富にお箸が揃っています。

スタッフの方がとても丁寧にご説明くださいますよ。

さきのほそ~い八角形お箸は、なんと先端まで

ずーと八角形が続いているとのことです。凄い職人技。

あれこれプレゼント選びも楽しそうなお店です。

また、ぜひ再訪しなくっちゃ。



  




ショップの横にはオープンファクトリーが併設

されていて、職人さんたちが真剣にお箸づくりを

されています。女性の方が多かったのが印象的でした。

お部屋の壁にはマルナオさんの歴史が学べる

ディスプレイ。





楽しい三条さんぽ。ぜひご旅行の際のお立ち寄りに

お勧めです。
 
越後路 | comments(0) | trackbacks(0)

春の息吹

こんばんは。
物凄く、お久しぶりです。「あれ?更新されてる」と
驚きの皆さま、どうしようもないこのブログを見捨てずに
くださりありがとうございます。
どうしても、フェイスブックやインスタグラムを使い
始めてしまうと、ついつい楽な方へと逃げてしまい、
ブログはホントご無沙汰していました。
すみませんです。

新年度ですし、春ですしね。
またブログをぼちぼちと綴りたいなぁと思いまして…

さて、今日は出湯温泉とお隣の畑江集落を結ぶ遊歩道
「電気山道」の春のお掃除デーでした。地元のボランティア
さんと一緒に、落ち葉をかき集め遊歩道脇に移動したり、
枝を落としたりと2時間ほど作業してきました。皆さま、
今日はお世話になりありがとうございました。
お疲れさまでした。

思い起こせば10年ほど前でしょうか、お散歩には程良い
距離であろうこの道が、地元の人によって手入れされ、
こんな素敵な遊歩道として日の目を浴びるとは想像も
していませんでした。大勢の力って測り知れない底力が
あるなぁと感慨深いひとときとなりました。

作業中、黒文字の木がぽつぽつとみられ、それはそれは、
とても柔らかそうな若葉色の新芽をつけ、中にはお花が
咲いている木々も。



「かわいいなぁ」とそのお花に見とれていた私の横で
ちょうど作業していた方が、「昔は黒文字の枝を切って
漬物の楊枝にしたり、竹を割ってくしを作り、川で魚を
捕まえて、焼いてたりしてたんさ〜」と楽しそうに教えて
くれました。あぁ、なんて贅沢な生活なのでしょう。
若かったころは、「何にもない田舎だなぁ」と思うくらいで、
こんな感覚はありませんでした。年を重ねた今は、「なんて
豊かな土地に暮らさせていただけているのだなぁ」と感心する事
ばかりです。

なんと、遊歩道わきの山桜がもう咲いていました。
咲きはじめと言うよりは、満開なので、実は山の中の方に
一足早く春が訪れていたのでしょうね。
(どうやらこのあたりも、暖かい場所は本日ソメイヨシノが
開花したようです。)

桜は品種によりそれぞれ趣が異なり、見ていて楽しいですね。
艶やかなソメイヨシノも好きですが、私はこの控えめな山桜の類に
もとても心惹かれます。あぁ、自然豊かな山はやはり素晴らしいです。



地元に居ながら普段はなかなかお会いする事ができない
自治会の方々や、お隣の集落の方々にもこうしてお会いでき、
他愛もない会話ができるのは幸せなことだと思いました。
普段は代謝が悪くなかなか汗をかかない私ですが、久しぶりに
すがすがしい汗をかきました。そして春の息吹を存分に満喫
させていただきました。

私たち1人1人をつないでくれる、「電気山道」。これからも
大切にしなくちゃと思います。
 
In Thoughts | comments(0) | trackbacks(0)

葉月のピンク二種

こんばんは。
お盆ウィーク、皆さまいかがお過ごしですか。
今日の出湯温泉は、昼下がりにバーァっと通り雨が
降り、割と涼しい午後になりました。見上げた空は
いつの間にか秋に近い色になっていました。

今日、ちょっとしたすきに、ふらふらっと宿の周りを
歩いて出逢ったお花二種です ↓

百日紅(サルスベリ)と、


シュウカイドウ。


葉月の空に生える、濃いピンクです。

心和むひと時でした。
 
四季のうつろい | comments(0) | trackbacks(0)

真夏の楽園

こんにちは。今日の出湯温泉はまたまた夏らしい
お天気となっています。全国各地、暑そうですね。

さて、一昨日の早朝、ふと思い立ちまして
瓢湖へ出かけてきました。夏の渡り鳥「ヨシゴイ」や
カワセミに会えるかなぁとほのかな期待を抱きつつ、
今回のお目当ては湖面いっぱいに広がる蓮のお花。
こちらは、この時期お勧めのとっておきの場所です。
私もその蓮を愛でに行って参りました。(ほのかな期待は、
あっけなく、儚く散りましたが…)

お日様が顔を出す前の、すがすがしい空気のなんと
心地よいこと。あれは、早起きした人だけのご褒美ですね。

だんだんと朝日が昇っていきます。


朝のやわらかな空気感を、もっと上手にお伝えできればいいのですが…



ただ今見ごろを迎えていますが、つぼみもまだまだ沢山
ありますので、もう少しお愉しみいただけるかと思います。






今回、私の一番好きな一枚は、こちら ↓

水面に映る蓮の姿です。
お釈迦様も、拈華微笑のシーンのように、
穏やかに微笑んでくれないかなぁ…
そんな他愛もないことを思いながら、
早朝ですが、すでにこの風景に酔いしれながら、
暫し蓮の花の観賞会です。瓢湖は、まさに真夏の
楽園です。

美味しい空気をいっぱい吸い、綺麗な景色を
眺め、とても贅沢な一日の始まりとなりました。
越後路 | comments(0) | trackbacks(0)

梅仕事

こんにちは。
今日の出湯温泉は、ここ数日の真夏日からは一転、
薄曇りの梅雨空が広がっています。

そのお日様が大笑いの4日間で、今年も恒例の
梅干しを干しました。

こちら、第一日目の様子です。
















お日様が燦々と照っていますので、梅をひっくり返す作業で
こちらの方も干されてしまいますが、甘酸っぱい梅の香りに
包まれると何とも言えない幸せ気分に浸れます。

毎年恒例の、味見大会も決行しました。目を盗んでは、
半生の梅干しを口に頬張りました。甕の中に漬けこまれる前の、
しかも数粒の贅沢といいましたら…。

さて、そしてこちらが本日4日目の朝の様子です。
玄館に一同に会した赤い梅の実。


お日様の力は偉大です。

「おいしくなぁれ」の呪文をかけながら、今日はこれから
梅干しを漬けこみます。お目にかかるのは3年後。
時間が育む、滋味豊かな当館の梅干しは、皆さまの朝食に
並びますよ。
清廣館 | comments(0) | trackbacks(0)

お久しぶりです

 お久しぶりです。
またブログをほったらかしにしてしまいました。
すみません…

言い訳ですが、携帯電話をスマートフォンに変更
してからというもの、ついつい手軽さが勝ってしまい、
カメラで写真を撮ったり、ブログを書いたりする習慣が
遠のいてしまっていました…
いつも楽しみにご覧くださっている皆様、長い間
すみませんでした。

五頭山がほほ笑んでいたのは、もうだいぶ前のこと、
今となっては、「山滴る」候となりました。
柔らかな新緑は、濃い深緑となりました。
先日久しぶりにカメラを片手にお花の写真を撮りました。

 

 
やはり、カメラの写真は綺麗です。
へたっぴですが、またボチボチと宿の周り、五頭の景色、
阿賀野の風景を撮りますね。どうぞお付き合いのほど
宜しくお願いします。
 
先程、少し心穏やかでなくなることがあり、心がちょっぴり
沈んでいましたが、静まりかえった真夜中に、久しぶりの
ブログアップをしていたら、だんだんと心落ち着いてきました。

これからも、私の生まれ育った大好きな出湯温泉の
魅力をお伝えしていくことが、私のライフワークですね。
清廣館 | comments(0) | trackbacks(0)

五頭温泉郷プレミアム旅行券

こんばんは。今日の出湯温泉は久しぶりにお日様が
顔を出してくれ、ポカポカ陽気の一日でした。
時々吹くそよ風に、桜の花びらが舞い降りて来て、
贅沢な時間でした。花びらって、なんだか贅沢な気分に
なりませんでしょうか。(私だけでしょうか…)

さて本日は、五頭温泉郷好きの皆様にとてもお得な
お知らせです ↓


その名もズバリ、「五頭温泉郷スーパープレミアム
旅行券」のご紹介です。額面一枚10,000円の旅行券が
なんと50%オフの5,000円にてお求めいただけるのです。
前代未聞の太っ腹企画です。

お一人様5枚までお求めいただけます。(25,000円で
50,000円の旅行券がお手元に。)

発売は5月1日(金)からです。五頭温泉郷旅館協同組合
(村杉温泉入口・うららの森内)へ直接お出ましいただくか、
お電話・FAXでのお申し込みとなります。数に限りが
ありますので、ぜひこの機会をお見逃しなく。

詳しくは
五頭温泉郷旅館協同組合
公式ホームページ www.gozu.jp
をご覧いただきますか、

TEL:0250-61-3003
までお問い合わせくださいませ。


清廣館 | comments(0) | trackbacks(0)

サクラ時間

おはようございます。今朝の出湯温泉は、薄い雲の合間から、
お日さまの優しい光が時折差し込んでくる空模様での
スタートです。

ここ数日ずいぶんと肌寒い日が続きましたね。
出湯温泉にも、御多分にもれず、例年よりぐんと早い
サクラ便りが届いたのですが、この寒さのおかげで
お手紙の封はしばし開けられないまま、ゆっくりと
時間が過ぎていましたが、一昨日の午後から
ずいぶんと春めき、昨日は久しぶりの青空が
広がりました。

花曇りとは、本当に上手に良くこの時候を表す言葉
だなぁとしみじみ感じ入っていましが、チャンス到来、
この好機を逃さぬよう、近場のサクラスポットへ出かけて
参りました。

まずは、当阿賀野市の新江の桜並木。
高速道路安田インターチェンジ入り口のすぐ近くです。
当館よりお車で15分ほどの場所で、田んぼの用水の
両岸におよそ4.5kmくらいにわたって約500本の
ソメイヨシノが咲き誇っています。







五頭へお越しの際、はたまたお帰りの際に、ひょいっと
立ち寄れるお手頃なサクラスポットです。

所変わりまして、お次はお隣新発田市にありますお寺、
宝光寺(ほうこうじ)さま。当館よりお車で30分ほどの
距離にあります。

山門の周りに佇む古木のソメイヨシノが素敵な
景色を作り出しています。





そしてこちらでは、なんと申しましても樹齢380年とされる枝垂れ桜
「城東窟(とうじょうくつ)の桜」がご覧いただけます。



江戸幕府三代将軍の徳川家光が寄進されたと
伝えられているそうです。







青空の中での淡いさくら色が、とても綺麗でした。

咲き始めも、満開も、そして散りゆく姿も、その一瞬一瞬が
どれも美しく、心を豊かにしてくれます。儚い命だからこそ、
一層心惹かれるのかもしれませんね。

今年のサクラ時間も十分楽しみたいと思います。

追伸:当館のフェイスブックに桜の写真を載せております。
拙い写真ばかりですが、毎年恒例の、にわかフォトグラファー
の作品です。お時間ありましたら是非ご覧くださいませ。
www.facebook.com/deyu.seikokan

四季のうつろい | comments(0) | trackbacks(0)