出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 今年もようこそ | main | 手前味噌ですが >>

1/100の森

こんばんは。今日はすごく蒸し暑い一日でした。
明日は雨でしょうか。

木々の緑も徐々に色が深まってきています。
そんな木々の成長をご覧になりながら、太陽の木漏れ日を
楽しむにはうってつけの季節ですよね。

ここ出湯温泉のある五頭の里には、「森林浴の森100選」の一つに
選ばれた「五頭新潟県民いこいの森」があります。新潟県からは
当地と弥彦神社叢の二箇所が選ばれています。
この「いこいの森」、当出湯温泉よりお車でほんの数分です。
小学校時代は夏になると近所のお友達と水着を持って川原で
水浴びをしたり、学校の行事でバーベキューをしたりと、私にとりましては
楽しい思い出がたくさん残る場所です。(バーベキューエリアもあるんですよ)

出湯温泉からその森へは徒歩で15分ほどでも向っていただける
のですが、その道は、今のところ残念ながらきれいには整備されて
おりません。けれども、道らしきものはあります。そこで以前、
出湯温泉の女将さんたちと、実際にその道を通っていこいの森
まで歩いてみました。

憩いの森、案外出湯温泉から近いんだなぁと思いました。
一人では少し心細くて不安ですが、誰かと一緒に歩くなら、
挑戦するのにそんなに意気込む程の勇気は必要ないと思います。
ちょっぴりの冒険心で大丈夫かと。
おしゃべりをしながら歩いていると、ホントあっという間に到着すると
思います。

出湯温泉散歩 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/44
この記事に対するトラックバック