出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ニョキニョキ! | main |

鬼が笑う

おはようございます。

寒波の影響で、寒さが身に沁みます。

出湯の積雪量は、それ程ではありません。

雪景色が綺麗だなぁと、心の余裕すらあります。

 

さて、清廣館でも、ようやく、傷んでいた箇所の修繕を行いました。

 

 

見違えるほど奇麗になっています。

まるで、新しいお宿に来たみたいな気持ちになります。

前面張替えですと、もっといいのでしょうが、実は。

 

 

年季の入った、浴槽は今まで通りです。

(天井と、右側の壁もですが・・・)

それでも、新しい檜は香りが素晴らしいです

ついつい、何度も深呼吸してしまいます。

 

来年、檜の香りに包まれに来ませんか。

笑われそうなので、今年でもいいですが。

 

 

 

四季のうつろい | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/416
この記事に対するトラックバック