出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< ニョキニョキ | main | がんばれ、ミヤマ >>

*!!

こんばんは。

今年も、この季節が、やってまいりました。

 

 

初めは、青かった梅も、太陽と出会うとほんのりと赤みが差します。

 

 

可愛らしくなったら、漬け込む準備完了です。

箱入り娘ならぬ、壺入り梅になります。

お客様のお口に入るのは、三年後ぐらいでしょうか。

初恋の味そのままに、清廣館名物の酸っぱい梅になって欲しいものです。

 

梅を採る。漬ける。干す。漬ける。

なんて、手間が掛かる事でしょうか。

そして、この量、眩暈がしてきます。

大変です。

(本当は、ほとんどの作業を母がしてくれています。)

でも、こんな、当たり前のことが、素晴らしい事なんでしょう。

 

四季のうつろい | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/413
この記事に対するトラックバック