出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< よちよち、湖を歩く | main | 春は牡丹 >>

雪男、現る

こんばんは。

ついに、雪落としを敢行した清廣館です。

自分たちで行ったため、一番高い大屋根の雪は落とせず仕舞い。

これ以上、雪が降ったら、潰れてしまうかもしれません。

潰れてしまうのが先か、命がけで雪を落とすのが先か、悩む所です。

一番いいのは、業者さんに頼むことだとは思います。

 

これほどまで、雪が降ると、五頭山から雪男が降りてきます。

そして、足跡を残していきます。

 

 

すいません。

小鳥の足跡です。

雪が、降ると、お隣さんのあしあとが残って楽しいです。

 

四季のうつろい | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/410
この記事に対するトラックバック