出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 寒波の後で・・・ | main | よちよち、湖を歩く >>

湖を歩く

こんばんは。

今年、二回目の大寒波に襲われている出湯温泉です。

一回目の時は、かなり、雪が降ったのですが、今回は、雪は少なめです。

その代わり、冷え込みが厳しくなっております。

色々なところが、凍ってしまい大変です。

各地では大雪に見舞われていらっしゃるところもあるかと存じます。

どうぞ、くれぐれも大雪、凍結にお気をつけてお過ごし下さいませ。

 

今回も、瓢湖、凍ってしまいました。

普段は、プカプカと優雅に浮かんでいる白鳥が、湖面でお休みしています。

ふと、大きな大福が、沢山あるみたいに見えてきてしまいました。

柵を乗り越えて、湖の上を歩いて、食べに行きたくなってしまいます。

皆様は、どのようにお見えになりますでしょうか。

マシュマロでしょうか。

 

 

 

四季のうつろい | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/408
この記事に対するトラックバック