出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2018年の幕開け | main | 湖を歩く >>

寒波の後で・・・

こんばんは。

出湯温泉も、大寒波に見舞われて、寒い日が続きました。

あっという間に、真っ白。

瓢湖も、凍ってしまいました。

 

寒波が過ぎての、晴れ渡った朝に、どうやら、いたずら好きの妖精が、駐車場に来たみたいです。

たぶん、三人組の妖精の置き土産。

雪が降ると、大変な事の方が多いですが、見つけてほっこりしてしまいました。

雪があるのも、いいものですね。

 

清廣館 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/407
この記事に対するトラックバック