出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 手前味噌ですが | main | 手前塩ですが >>

手前味噌ですが

こんにちは。

今年、三度目の積雪に、見舞われた出湯温泉です。

冬が、少し早めのご挨拶に来ているのでしょうか。

 

瓢湖にいない白鳥を、この前、見掛けしました。

お食事中のところを、近寄ってしまったため、皆さん警戒して首を長くしています。

 

 

もう少し、もう少しと、近づきすぎて、この後、皆さん一斉に飛んで行ってしまいました。

 

 

手前味噌ですが、白鳥と夕日と田んぼ、これもまた、今の時期だけの愉しみだと思います。

清廣館は、逃げずに、皆様のお越しを首を長くしてお待ち致しております。

 

 

 

 

 

 

四季のうつろい | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/404
この記事に対するトラックバック