出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< アロマ効果抜群の | main |

手前味噌ですが

こんばんは。今日の出湯温泉は、お日様が大笑いの
一日でした。暑さは真夏でしたが、日が傾くと、
からりとした、とても過ごしやすい気候です。
ビールがお好きな人は、一段とおいしく感じる
夕暮れ時かもしれませんね。

このあたりの蛍も、どうやら活動開始したようです。
他の動植物に倣い例年より早めのお出ましですね。

さて、今週は毎年恒例の味噌づくりウィークでした。
当館では、毎年祖母のお友達に入れてもらい、お味噌を
手づくりしています。もう何年になるのでしょうか、
私が宿に戻って来てから、祖母について毎年お世話に
なっています。
今年は、皆さんのご予定の都合により、いつもの会場から
他の会場へと場所が変わりました。私にとってははじめて
お邪魔する会場でしたが、いつもの所よりもこじんまり
していて、揃っている道具や備品も心くすぐられる木製の
もので、こちらはこちらで心地よい環境でした。

では、物覚えの悪い私でも、拙い記憶をよみがえら
せながら、今年もスタートです。

まずは、糀をおこします。予めといでおいたお米を
持ち寄り、水気を切った後、固めに蒸してゆきます。



こちらではセイロを使って、昔ながらの作り方。
心弾みます。





蒸しあがったら、台の上にお米を広げ、糀菌を
全体にふりかけ、お米全体に菌が行き届くよう、
まんべんなく混ぜ合わせます。ここでのポイントは、
お米の温度を下げないこと。温度が下がると
お花が綺麗に咲きません。

こののち、お米を木のヘギに入れ、こちらの
糀マシーン(正確な名前はすみません、忘れました…)
にそれらヘギを並べ一晩一定温度を保ち、糀を
おこします。



第2日目。この日は糀をいったん取り出し、
ひっくり返して、再び糀マシーンへ戻す作業と、
大豆をとぎ、そののちお水の中で浸す作業です。
新潟県産の粒ぞろいちゃん。見るからに
おいしそ〜。



そして、いよいよ最終日の第3日目。
昨日お水に浸しておいた大豆を炊いていきます。



炊いた大豆はそののち、このミンチマシーン
(またまた正確な名前が分からないので、
私が命名しました。お肉をミンチにするみたいな
機械です…)の中にいれ、ペースト状にします。

写真を取り損ねましたが、この時皆さんと
炊きあがったお豆を味見。驚くくらいあま〜い
お味でした。



こちらが、マシーン通過後の大豆です。



糀も無事、綺麗に出来上がっていました。お米のお花と書いて
「糀」。日本語は本当に綺麗ですよね。改めて、日本人の
センスにほれぼれです。
あぁ、それにしてもこの糀の香りってなんであんなに良い香り
なのでしょうかね。



作業もいよいよ佳境です。
この大豆のペーストと糀にお塩とお水を混ぜていきます。



こちらの、(名づけて)撹拌マシーンの登場です。



絶妙な固さでお味噌を仕上げ、各々の桶へと振り分け、
蓋をしてさぁ完成。

後は3年後、おいしくなるのを待つのみです。
時々お味噌の入れ替え(天地替えなる作業)を行いながら、
時間がゆっくりとおいしさを育んでくれます。

当館のお味噌、手前味噌ですが、愛情たっぷりで
おいしいですよ。

 
清廣館 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/401
この記事に対するトラックバック