出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< お薬師様の日 | main | 我らがお父さんのめでたき一日 >>

軽燕風受斜

こんばんは。今日の出湯温泉は、爽やかな風薫る一日
でした。柔らかな緑の中、何度も意味なく玄関の
外に出ては、おいしい空気をたくさん吸いました。

私は可能な限り、バスでお見えのお客様のお見送りを
出湯温泉のバス停でさせていただいているのですが、
毎年この季節のお見送りは特別な楽しみがあるのです。

携帯カメラなので、いまいちわからないかも
しれませんが…



こちらは5月1日の様子です。例年になくとても早い
お越しです。毎年決まって、バス停のこの電気の上に
巣を組みます。

巣に気が付いたこの日は、既に完成寸前。
植物もそうですが、小雪の影響か、例年より1週間
から10日くらい自然界の動きが前倒しになっている
ように思います。こちらのツバメも然り。

こちら、5月5日の様子です ↓
少しずつおっきなおうちに仕上がって来ています。
一体定員何羽なのかしら。



この間も何度となくバス停には出向きましたが、
携帯を不携帯だったり、慌ただしく宿に戻ってきたりで
残念ながら写真がありません…

そして、飛びますが、こちら本日の様子です ↓


いました、いました! 頭がひょっこり出ているのご覧
いただけますでしょうか。相変わらず不鮮明な画像は
あしからず…

燕の写真を撮りたくて、でもなかなかタイミング合わず、
ちょっとバス停の椅子に腰かけて、この時期にいつも
お茶の先生がお稽古場にしつらえてくださる短冊
「軽燕受風斜」を思い浮かべながら、忙しく飛び回る
この巣の主の帰りを待つことにしました。(この禅語、
気になる方は、ぜひお調べくださいね。)

時々戻ってくるこの主、確かに身軽で、ヒューンと巣に
戻って来たかと思うと、即座にヒューンとまた外へ出かけ
ていきます。

こちらの燕のおうちの下には心優しいお掃除の方が
毎日新聞を取り換えてくださいます。ありがたいです。



燕の動きがおもしろく、思わず長居するところでしたが、
はっと我に返り、そそくさと宿に戻りました。

 
四季のうつろい | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/398
この記事に対するトラックバック