出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 心地のよい木 | main | お薬師様の日 >>

八重桜フィールズ

こんばんは。今日の出湯温泉は、ちょっぴり肌寒い、明るめグレーの曇り空が広がる一日でした。
毎年の恒例行事となりました、瓢湖での早朝朝活、八重桜のお花摘みに今朝出かけて来ました。朝の苦手な私ですが、ここ最近は私らしからぬ現象が起きていまして、割とパッと布団から抜け出すことに成功しています。

雲の中から、淡いお日様の光が徐々に高くなってくるのを背中に感じながら、車を瓢湖まで進めます。



いつもと変わらない、このボンボンピンク。



ホントに愛らしいです。張り切ってカメラも携えていったのですが、まさかの電池入れ忘れで、写真撮れませんでした。ごめんなさい。

まだ誰もいない八重桜フィールドで、ふと湧いてきた、ビートルズのストロベリーフィールズを口ずさみながらのお花摘みでした。(お花摘みは、許可を頂戴しています。)



なんとも贅沢な朝時間でした。

そのうちに、朝のウォーキングやお散歩をする方々もお見かけし始め、毎年お会いする、笑顔の素敵な奥様に今年もお会いでき、少しだけ歓談。

私も目覚まし時計なんか無くても、日の出前にすくっと起き上がり、この方たちのように、健康的な1日の始まりが、日課になったら、どんなにか喜ばしいのだろうと思いながら、帰路に着きました。



帰ってきてから、桜のお花を一花ずつ丁寧に水洗いして、早速漬け込みました。

次の工程が今から楽しみです。
四季のうつろい | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/396
この記事に対するトラックバック