出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 菜の花カーペット | main | 八重桜フィールズ >>

心地のよい木


こんにちは。

九州の大地震、被害にあわれた皆様に心より
お見舞い申し上げます。
遠く離れてはいるものの、私たちのふるさと日本、
とても心配ですし、悲しいお知らせが入るにつけ心が
押しつぶされそうですし、思い当たる言葉は全て
薄っぺらではありますが、どうか一秒でも早く
穏やかな時間が訪れるようお祈りします。
心を強く持ち、1人1人に出来ること、力になれる
ことをそれぞれが進めていきましょうね。

2階で仕事をして、何気に窓の外を見たら、
可愛らしい発見がありました。

お分かりになりますでしょうか ↓



近づいてみますと、


おじいちゃん(おばあちゃん?)のもみじの木に
可憐なスミレが住んでいました。まるでお気に入りの
椅子に心地よく座っているようで、思わず
カメラに収めました。スミレにとっては心地の
良い木なのでしょうね。

おそらく毎春姿を現していたのでしょうが、今日
初めて知った姿です。毎日何気に見えてるようで、
実は知らないことが周りには沢山あるなぁと
つくづく感じました。

池の周りにも、スミレがいっぱい。



山吹や、


石楠花も


花開き始めました。

木々も日毎に芽吹いてきています。

 
四季のうつろい | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/395
この記事に対するトラックバック