出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 葉月のピンク二種 | main | 三条さんぽ >>

春の息吹

こんばんは。
物凄く、お久しぶりです。「あれ?更新されてる」と
驚きの皆さま、どうしようもないこのブログを見捨てずに
くださりありがとうございます。
どうしても、フェイスブックやインスタグラムを使い
始めてしまうと、ついつい楽な方へと逃げてしまい、
ブログはホントご無沙汰していました。
すみませんです。

新年度ですし、春ですしね。
またブログをぼちぼちと綴りたいなぁと思いまして…

さて、今日は出湯温泉とお隣の畑江集落を結ぶ遊歩道
「電気山道」の春のお掃除デーでした。地元のボランティア
さんと一緒に、落ち葉をかき集め遊歩道脇に移動したり、
枝を落としたりと2時間ほど作業してきました。皆さま、
今日はお世話になりありがとうございました。
お疲れさまでした。

思い起こせば10年ほど前でしょうか、お散歩には程良い
距離であろうこの道が、地元の人によって手入れされ、
こんな素敵な遊歩道として日の目を浴びるとは想像も
していませんでした。大勢の力って測り知れない底力が
あるなぁと感慨深いひとときとなりました。

作業中、黒文字の木がぽつぽつとみられ、それはそれは、
とても柔らかそうな若葉色の新芽をつけ、中にはお花が
咲いている木々も。



「かわいいなぁ」とそのお花に見とれていた私の横で
ちょうど作業していた方が、「昔は黒文字の枝を切って
漬物の楊枝にしたり、竹を割ってくしを作り、川で魚を
捕まえて、焼いてたりしてたんさ〜」と楽しそうに教えて
くれました。あぁ、なんて贅沢な生活なのでしょう。
若かったころは、「何にもない田舎だなぁ」と思うくらいで、
こんな感覚はありませんでした。年を重ねた今は、「なんて
豊かな土地に暮らさせていただけているのだなぁ」と感心する事
ばかりです。

なんと、遊歩道わきの山桜がもう咲いていました。
咲きはじめと言うよりは、満開なので、実は山の中の方に
一足早く春が訪れていたのでしょうね。
(どうやらこのあたりも、暖かい場所は本日ソメイヨシノが
開花したようです。)

桜は品種によりそれぞれ趣が異なり、見ていて楽しいですね。
艶やかなソメイヨシノも好きですが、私はこの控えめな山桜の類に
もとても心惹かれます。あぁ、自然豊かな山はやはり素晴らしいです。



地元に居ながら普段はなかなかお会いする事ができない
自治会の方々や、お隣の集落の方々にもこうしてお会いでき、
他愛もない会話ができるのは幸せなことだと思いました。
普段は代謝が悪くなかなか汗をかかない私ですが、久しぶりに
すがすがしい汗をかきました。そして春の息吹を存分に満喫
させていただきました。

私たち1人1人をつないでくれる、「電気山道」。これからも
大切にしなくちゃと思います。
 
In Thoughts | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/391
この記事に対するトラックバック