出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 梅仕事 | main | 葉月のピンク二種 >>

真夏の楽園

こんにちは。今日の出湯温泉はまたまた夏らしい
お天気となっています。全国各地、暑そうですね。

さて、一昨日の早朝、ふと思い立ちまして
瓢湖へ出かけてきました。夏の渡り鳥「ヨシゴイ」や
カワセミに会えるかなぁとほのかな期待を抱きつつ、
今回のお目当ては湖面いっぱいに広がる蓮のお花。
こちらは、この時期お勧めのとっておきの場所です。
私もその蓮を愛でに行って参りました。(ほのかな期待は、
あっけなく、儚く散りましたが…)

お日様が顔を出す前の、すがすがしい空気のなんと
心地よいこと。あれは、早起きした人だけのご褒美ですね。

だんだんと朝日が昇っていきます。


朝のやわらかな空気感を、もっと上手にお伝えできればいいのですが…



ただ今見ごろを迎えていますが、つぼみもまだまだ沢山
ありますので、もう少しお愉しみいただけるかと思います。






今回、私の一番好きな一枚は、こちら ↓

水面に映る蓮の姿です。
お釈迦様も、拈華微笑のシーンのように、
穏やかに微笑んでくれないかなぁ…
そんな他愛もないことを思いながら、
早朝ですが、すでにこの風景に酔いしれながら、
暫し蓮の花の観賞会です。瓢湖は、まさに真夏の
楽園です。

美味しい空気をいっぱい吸い、綺麗な景色を
眺め、とても贅沢な一日の始まりとなりました。
越後路 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/389
この記事に対するトラックバック