出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 国の文化財へ | main | 五頭温泉郷プレミアム旅行券 >>

サクラ時間

おはようございます。今朝の出湯温泉は、薄い雲の合間から、
お日さまの優しい光が時折差し込んでくる空模様での
スタートです。

ここ数日ずいぶんと肌寒い日が続きましたね。
出湯温泉にも、御多分にもれず、例年よりぐんと早い
サクラ便りが届いたのですが、この寒さのおかげで
お手紙の封はしばし開けられないまま、ゆっくりと
時間が過ぎていましたが、一昨日の午後から
ずいぶんと春めき、昨日は久しぶりの青空が
広がりました。

花曇りとは、本当に上手に良くこの時候を表す言葉
だなぁとしみじみ感じ入っていましが、チャンス到来、
この好機を逃さぬよう、近場のサクラスポットへ出かけて
参りました。

まずは、当阿賀野市の新江の桜並木。
高速道路安田インターチェンジ入り口のすぐ近くです。
当館よりお車で15分ほどの場所で、田んぼの用水の
両岸におよそ4.5kmくらいにわたって約500本の
ソメイヨシノが咲き誇っています。







五頭へお越しの際、はたまたお帰りの際に、ひょいっと
立ち寄れるお手頃なサクラスポットです。

所変わりまして、お次はお隣新発田市にありますお寺、
宝光寺(ほうこうじ)さま。当館よりお車で30分ほどの
距離にあります。

山門の周りに佇む古木のソメイヨシノが素敵な
景色を作り出しています。





そしてこちらでは、なんと申しましても樹齢380年とされる枝垂れ桜
「城東窟(とうじょうくつ)の桜」がご覧いただけます。



江戸幕府三代将軍の徳川家光が寄進されたと
伝えられているそうです。







青空の中での淡いさくら色が、とても綺麗でした。

咲き始めも、満開も、そして散りゆく姿も、その一瞬一瞬が
どれも美しく、心を豊かにしてくれます。儚い命だからこそ、
一層心惹かれるのかもしれませんね。

今年のサクラ時間も十分楽しみたいと思います。

追伸:当館のフェイスブックに桜の写真を載せております。
拙い写真ばかりですが、毎年恒例の、にわかフォトグラファー
の作品です。お時間ありましたら是非ご覧くださいませ。
www.facebook.com/deyu.seikokan

四季のうつろい | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/385
この記事に対するトラックバック