出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 電気山道 | main | 澄んだ夜空に >>

夏もお勧めの湖

こんにちは。
出湯温泉では連日おひさまが眩しく、
ぎらぎら輝いています。

昨日用事を済ませた帰り道、
瓢湖に立ち寄ってきました。(この日は
絶対に写真を撮ろうと、カメラも予め
持って出かけました。)

この日のお目当ては2つ。
まずは、湖面一面に広がる美しい蓮の
お花です。



完全に咲き切ったものもありますが、つぼみもまだまだありますので、
しばらくお楽しみいただけると思います。








そしてもう一つは、いつも会えずじまいの、夏のあの鳥。
そう、ヨシゴイです。

あぁ、今日こそは会えますようにと祈りながら
湖の反対岸まで進んでゆきます。
いつものように、湖のほとりには超望遠レンズを
セットしたカメラマンさんたちがいらっしゃいました。
いろいろお話を聞き、撮られた写真を拝見させて
いただきながら、待ち人ならぬ待ち鳥を待ちます。

結果はというと・・・・・
ジャジャ〜ン。



ようやくこの目で見ることができました。
何とも嬉しい瞬間でした。

肝心の写真ですが、頭が欠けていて、すみません…
(望遠レンズにテレコンバーターなるものを追加で
つけて撮影してみたのですが、普段あんまり
使わないレンズのため、カメラがどこを向いてるのか
よくわからず、あたふたしてる間に、ヨシゴイは
移動してしまいました・・・) 

隣でカメラを構えてらしたお兄様によると、カワセミも
瓢湖へ遊びに来ているとか。

冬の白鳥だけではない、夏もお勧めの
瓢湖です。蓮のお花のが広がる、夏の渡り鳥の
楽園へぜひお出かけになってみてください。

越後路 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/365
この記事に対するトラックバック