出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< だんごの木(仮) | main | 出湯温泉 餅考 >>

五頭集会

こんばんは。今日も昨日に引き続き青空の広がる出湯温泉
でした。晴れていましたが、気温は冬らしくぐ~んと低め。
いつも凍らない水道の蛇口が今朝は凍っていました。
夜になり、綺麗な雪もはらはらと舞っています。気温が
低いため、サラサラとした、雪の結晶が綺麗に見える
綿雪です。

今日は五頭温泉郷の女性陣が村杉温泉の
長生館さんに一同に会し、楽しいランチとお茶の時間を
過ごさせていただきました。こんなに大勢のタイミングが
揃ったのは、私の知る限りでは恐らく初めてなのでは。

普段あまりお会いできない方とも、おいしいお料理が
並んだテーブルを囲め、それはそれはお話に花が
咲きすぎてしまい、気がつけば数時間があっという間に
過ぎていました。

もともと、いつものごとくカメラを忘れていってしまい、
どなたかにお願いして記念写真を撮っていただこうと
思っていましたが、そのお願いをするのも忘れてしまい、
残念ながら写真なしです。(ちなみに、携帯電話のカメラは
数年前から壊れっぱなしで、機能しません・・・そして
いまだ、世にいわれるガラケーです。)

今日の五頭集会では、たくさん笑い、笑顔と元気を
一杯もらいました。帰ってきてからは、お陰さまで上機嫌で
仕事ができ、とても嬉しく思います。

今も「やっぱり五頭っていいなぁ」とほんわかした余韻に浸れ、
私はお酒がほとんど飲めないのですが、きっとほろ酔い
気分くらいに心地よい感覚です。これはもう少ししたら
また集まらないとだなぁと、早くも次回に期待です。

In Thoughts | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/338
この記事に対するトラックバック