出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 第3回越後ごぜ唄コンサート:第1日目 | main | 遠くの現実 >>

第3回越後ごぜ唄コンサート:第2日目

こんにちは。
今日は、相変わらず肌寒かったものの、
昨日のような激しい雨風はなく、良かったです。

さて、ごぜ唄コンサートの第二日目。コンサートは昨日の続き
「葛の葉子別れ」の三の段からの幕開けです。残念ながら大部分を
また聞き逃してしまいました・・・本当に残念です。

三の段が終わり、どういう結末になるのかとどきどきしていましたが、
最後の四の段が始まる前に、北村さんが萱森さんに合流され、お二人
揃って一曲ご披露くださいました。その名も、「ごぜ漫才」。
お二人だからこそ出来る演奏だそうです。今日は、「柱立て」という曲を
唄ってくださいました。お二人の息がぴったりと合っていて、とても
ほほえましく、楽しい唄でした。しっとりとしたごぜ唄とはまったく違い、
ごぜ唄には色々なジャンルがあるんだなぁと、改めてその奥深さを
垣間見た気がします。



そして、最後の四の段です。最後は一体どうなったことでしょう。
物語の結末は、この前もそうでしたが、今度お聴きくださる皆様から楽しみを
奪ってしまいますので、ここではまた内緒にしておきますね。ごめんなさい。

「葛の葉子別れ」が終わり、今回のコンサートもいよいよ「たち唄」(ラストの曲)と
なりました。萱森さん、北村さん、お二人揃ってのごぜ唄です。最後の曲は、
もちろん、あの曲。そう、先回東京公演でもご披露くださった、あのアカペラです。



とても優しい、清らかな唄です。また涙がじんわりとあふれました。
萱森さんいわく、この唄をこの出湯温泉の華報寺で唄うことは、特別な
思いが込められるとのこと。

ごぜ唄、ホント、心に響きます。

ここ出湯温泉で、お一人でも多くの方に、ごぜ唄をお聴きいただけたらなぁと
思います。

最後になりましたが、お足元悪い中、遠く出湯温泉までコンサートに
お越しくださいました皆様、どうもありがとうございました。厚く御礼申し上げます。
お愉しみいただけましたでしょうか。
萱森様、北村様、今年も出湯温泉でご公演くださいまして、
どうもありがとうございました。
お手伝いくださった方、応援くださった皆様、お力添え、どうもありがとう
ございました。
皆様の暖かいご支援のお蔭様でコンサートが無事成功いたしました。
本当にありがとうございました。

来年もまた出湯温泉の華報寺でコンサートが開けますように。
瞽女(ごぜ)唄 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/29
この記事に対するトラックバック