出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 正解は | main | ひと段落 >>

素敵な御縁

こんばんは。今日もギラギラ太陽に
見守られた出湯温泉でした。

インターハイにこられている皆様が
お泊りくださり早1週間。今夜が最後の
お泊りです。長くいらしてくださったので、
明日はもう当館にはお帰りにならないんだなぁと
思うと、寂しい気持ちがします。

毎朝早くから朝練(この言葉、凄く懐かしくあり、
とても新鮮です)をされている多くの生徒さんが
出湯温泉街にあふれていました。

いつものお寺さまのお風呂からの
他愛もない会話が耳に入りながら、
日ごろ目にすることのない、元気いっぱいの
高校生さんたちのお姿を拝見するのが
ここ一週間の楽しみでした。

炎天下の中がんばっている皆様、せっかく遠くから
この大会のためにお越しになったのだものと、
母を先頭にスタッフが愛情をこめてお食事の準備を
させていただいていました。

皆様の笑顔と嬉しいお言葉、そして空になった
食器たちが、私たちにとって何よりのご褒美です。

お一人お一人にそれぞれドラマがあったことでしょう。
嬉し涙、悔し涙、それぞれ思いは違うかも
しれませんが、私にしてみればどれもとてもピュアな
綺麗な涙にしか思えません。「青春っていいなぁ」
とつくづく思います。

毎日の長い御移動、お忙しいスケジュール
お疲れ様でした。明日は最終日ですね。
皆様のこと、山の中から応援しています。

この度は素敵な御縁をどうもありがとうございました。
皆様から頂いた元気エネルギー、大切にします。

In Thoughts | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/250
この記事に対するトラックバック