出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 瓢湖にて、夏の到来 | main | 久しぶりの「私は誰でしょう」 >>

ひっそりと可憐に

こんにちは。新潟県もつい先日梅雨明けしました。
いよいよ夏ですね。

この時期楽しみにしているお花が先週咲きました。



ヤマユリです。このお花を見ると夏が来たなぁという感じがします。
3年後位から花をつけ始め、その後毎年一つずつお花が増えていくとの
こと。この2株はおそらく7年位は経っているかと思います。

出湯温泉の足湯「弘法の足湯」の入り口に、黒竹にまみれてひっそりと
咲いています。ひっそりとしているのでしょうが、とても可憐なので凄く
目立っています。香りも豊かです。

暑さ厳しき折、皆様お体ご自愛くださいませ。


出湯温泉散歩 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/246
この記事に対するトラックバック