出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 後半2日間 | main | 締めくくり >>

ビタミン補給

こんにちは。ご無沙汰しています。
半年もの長期間にわたり当ブログの更新を
怠っていましたこと、お詫び申し上げます。
ご心配とご迷惑をおかけしまして
すみませんでした。

春の震災以来、いろんなことを考え、
こんなつたないブログでも楽しみに
待っていてくださる方々や、お越しくださる
皆様にこちらの情報をお伝えしないのは
大変申し訳ないなぁとは思いつつ、
なんとなく「綴る」という動作に私の心が
追いつかず、気が付いたらもう年の瀬。
本当にごめんなさい。

さて、一昨日は年に一度の「日本秘湯を守る会」
の総会でした。全国津々浦々の「日本秘湯を守る宿」
が一同に集結する日。全部で加盟宿が193あり、
出席率の高い会合です。

この総会は私にとって、一年間の自分の仕事ぶり・
人生ぶりを見つめなおす大切なひと時です。規模や
場所は違えど、自然環境と温泉文化を守ろうと
志す宿屋仲間に会い、語らい、学びあう濃い時間です。

総会翌日出発の朝、熱海の穏やかな海を
ぼ〜っと眺めながら、私の心にはビタミンが
不足していて、でも昨日そのビタミン補給を
秘湯の仲間がしてくれたんだなぁとしみじみ思いました。
素敵な仲間に出会えて幸せです。皆さんどうも
ありがとうございます。

そして、自分が旅人になることで、忘れかけ、
薄れかけていた、旅人をお迎えする気構えを
改めて確認です。私にとっては日常の生活でも、
お越しくださる皆様には非日常の時間。こんな
山奥に、貴重なお金と時間を使い足を運んで
くださる方々にいかにお応えできるか、気を引き締めて、
でも、楽しみながら宿屋業を進めていきます。

「秘湯は人なり」
深い言葉です。

日本秘湯を守る宿 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/212
この記事に対するトラックバック