出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< もうじきへの準備 | main | 春の愉しみ >>

森の中で

こんばんは。今日の出湯温泉は春雨でのスタートとなりましたが、
すぐにその雨もやみ、お日様が顔を見せてくれた一日でした。

今日はヨガの先生とともに出湯温泉の隣にあります「いこいの森」へ
行ってきました。この森は「全国森林浴の森100選」に選ばれているん
ですよ。新潟県では弥彦の森とここ五頭の森の2か所のみの
貴重な森です。

この「いこいの森」へは出湯温泉から歩いて行くことができるのですが、
とある計画の下見を兼ねてこの森まで実際に歩いてみることにしたのです。

その計画とは・・・
「温泉+森林浴+ヨガ」という企画です。
出湯温泉には、アメリカ東海岸での大きなヨガ組織、クリパルヨガの日本代表
を務める、尚子・ロビンソンさんの事務所があり、以前より、先生のご協力により
当館目の前の華報寺での「お寺でヨガ」や当館広間で「温泉でヨガ」などを開催
してきましたが、この度は、ぜひ森の中でもヨガをしてみよう!ということに
なりまして、このような企画を提案してくださいました。

出湯温泉街を抜け、鳥のさえずりを聞きながら森を歩きます。



道の要所要所にはこのように道しるべがあります。



ゆっくり歩くこと20分。「いこいの森」へ到着です。






清らかな水が流れる川に沿って桜の花がきれいに咲いていました。



聞こえてくるのは、鳥たちのさえずりと水の音。
こんな森のでヨガをしたら、どんなにか気持ちよいことでしょう。

ヨガの後は、温泉に入っていただきます。ただ温泉につかるのではなく、
ヨガらしく温泉につかっていただくとのことです。どんな風に入るのか、
興味深いですね。

ご興味のある方は、この機会に是非ともご参加ください。

・・・・・・・詳細です・・・・・・・・・・・・・

日時: 平成22年05月16日(日曜日) 09:00〜11:30
スケジュール: 出湯温泉〜中部北陸自然歩道(森林浴)〜五頭いこいの森(ヨガ・
                    森林浴)〜中部北陸自然歩道(森林浴)〜出湯温泉(温泉)
集合場所: 出湯温泉 華報寺(けほうじ) ※雨天の場合はお寺で行います。
参加費: 大人800円、 高齢者・中学生500円、 小学生以下無料
             ※このたびはお試し料金ということで、とてもお得な価格です!
持ち物: 汗ふきタオル、水筒、帽子、入浴道具(バスタオルなど)
服装: ストレッチしやすい服と歩きやすい靴
講師: ロビンソン・尚子 他全米ヨガアライアンス認定講師
定員: 15~20名様  

お申込み・お問い合わせは
ロビンソン・尚子先生のヨガ事務所
(株)サミラ 阿賀野事務所  
電話/ファックス 0250−62−6580(午後)
email: amiga@canvas.ocn.ne.jp
までお願いします。

(清廣館のブログを見て!とお知らせくださるとありがたいです。)

どうぞよろしくお願いいたします。

お寺でヨガ | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

先日、全米ヨガアライアンスの合宿でお世話になりました、金沢のkanakoといいます。
おいしいお食事やお心使いありがとうございました。
とてもよい思い出になりました!
「温泉+森林浴+ヨガ」にも機会があればお伺いしようと思っています。
その際にはまたお世話になると思います!
よろしくお願いします(^^)v
kanako | 2010/05/10 4:01 PM
kanako様、
コメントどうもありがとうございます。
この度はご卒業おめでとうございます。

遠いところお越しくださいまして、どうも
ありがとうございました。無事に帰路に
つかれたでしょうか。

ゴールデンウィークということで、皆様とは
なかなかゆっくりお話しさせていただく機会が
余りなく、大変申し訳なかったなぁと思って
います。

今度いらっしゃるときにはゆっくりとお話を
お聞かせくださいませ。

過日、先生たちと一緒に「いこいの森」まで
下見に行ってきました。きっと森の中でヨガを
したら、きっと素敵な時間を過ごして頂けるのでは
ないかと思いました。

お忙しいとは存じますが、どうぞ御身体ご自愛
くださいませ。
seikokan | 2010/05/11 11:11 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/147
この記事に対するトラックバック