出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< お出迎え | main | きのこの移動 >>

遅ればせながら、ご報告

こんばんは。出湯温泉では、昨日の雨で今まで積っていた雪が
だいぶ消えました。今日はまたちょっぴり気温が下がり、ストーブが
恋しい一日でした。

さて、以前お知らせした出湯温泉の足湯、おかげさまで先月無事に
オープンいたしました。ご報告が遅れ、ほんと、すみません。
先月の新潟日報さんにも全県版で大きくご紹介いただきました。



新鮮なラジウム源泉が、塩素消毒もされることなく、循環装置に通し
繰り返し使われることもなく、湯船に注ぎ込まれているんですよ。
交じりっ気なしの源泉かけ流しとは、なんとも贅沢です。
ラジウム泉の特徴は、温度がぬるめなこと。ですので、とくに冬場は
適度に加温されていますが、源泉そのままの小さめの浴槽も
備わっています。ラジウム泉は「吸うと良い」といわれている
温泉ですので、蒸気の逃げにくい室内型の足湯はとても理に
かなっています。

ラジウム泉の湯気を吸いつつ足湯に浸る・・・幸せなひと時です。
おひとりさま1回ご利用100円を頂戴しておりますが、足湯には
飲泉所が備わっており(もちろん保健所の許可済みです)、なんと、
源泉をペットボトルに汲んで持って帰ることができるんです。これで
100円とは、かなりお手ごろ。

出湯温泉で今一番旬な立ち寄りスポットですよ。
お近くにお越しの際は、ぜひお試しを~。

出湯温泉散歩 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/126
この記事に対するトラックバック