出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 早くも | main | お出迎え >>

節分

こんばんは。今日の出湯温泉はは朝から雪が降り続き、
一日雪模様のお天気でした。

今日は節分、当館でも豆まきを行いました。



玄関と窓を開け放ち、「鬼は外、福は内」と大声で館内を
回りました。外からの冷たい空気が少々肌にしみましたが、
この新鮮な空気が邪気を除いてくれるような気がして、
豆をまいたあとはすがすがしい気分でした。

毎年豆まきに使っているのは、台所で毎日活躍の一升枡。
当館でずっと使われ続けている年代物です。



一年に一度だけ、お米の代わりに豆が入ります。
きっと、枡にとっては一年に一度の気分転換の日だと思います。

出湯温泉歳時記 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

新潟も落花生なんですね。今まで落花生という話題がありませんでしたが、北海道も落花生だそうです。
回収するのは落花生の方がずっと楽ですね。
edaats | 2010/02/04 9:25 AM
edaatsさま、

コメントありがとうございます。東京では落花生を
まかれますでしょうか。たまたま拝見していたテレビの
放送で、知ったのですが、どうやら関西地方は炒った
大豆をまくようですね。落花生をまく習慣は、北海道
から徐々に広まってきたとその放送ではおっしゃって
いました…確かに拾うのはこちらの方がずっと楽ですね。一口に節分といっても、それぞれ地域ごとに特色
があり、楽しいですね。
seikokan | 2010/02/05 10:48 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://deyuonsen.jugem.jp/trackback/124
この記事に対するトラックバック