出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

春の息吹

こんばんは。
物凄く、お久しぶりです。「あれ?更新されてる」と
驚きの皆さま、どうしようもないこのブログを見捨てずに
くださりありがとうございます。
どうしても、フェイスブックやインスタグラムを使い
始めてしまうと、ついつい楽な方へと逃げてしまい、
ブログはホントご無沙汰していました。
すみませんです。

新年度ですし、春ですしね。
またブログをぼちぼちと綴りたいなぁと思いまして…

さて、今日は出湯温泉とお隣の畑江集落を結ぶ遊歩道
「電気山道」の春のお掃除デーでした。地元のボランティア
さんと一緒に、落ち葉をかき集め遊歩道脇に移動したり、
枝を落としたりと2時間ほど作業してきました。皆さま、
今日はお世話になりありがとうございました。
お疲れさまでした。

思い起こせば10年ほど前でしょうか、お散歩には程良い
距離であろうこの道が、地元の人によって手入れされ、
こんな素敵な遊歩道として日の目を浴びるとは想像も
していませんでした。大勢の力って測り知れない底力が
あるなぁと感慨深いひとときとなりました。

作業中、黒文字の木がぽつぽつとみられ、それはそれは、
とても柔らかそうな若葉色の新芽をつけ、中にはお花が
咲いている木々も。



「かわいいなぁ」とそのお花に見とれていた私の横で
ちょうど作業していた方が、「昔は黒文字の枝を切って
漬物の楊枝にしたり、竹を割ってくしを作り、川で魚を
捕まえて、焼いてたりしてたんさ〜」と楽しそうに教えて
くれました。あぁ、なんて贅沢な生活なのでしょう。
若かったころは、「何にもない田舎だなぁ」と思うくらいで、
こんな感覚はありませんでした。年を重ねた今は、「なんて
豊かな土地に暮らさせていただけているのだなぁ」と感心する事
ばかりです。

なんと、遊歩道わきの山桜がもう咲いていました。
咲きはじめと言うよりは、満開なので、実は山の中の方に
一足早く春が訪れていたのでしょうね。
(どうやらこのあたりも、暖かい場所は本日ソメイヨシノが
開花したようです。)

桜は品種によりそれぞれ趣が異なり、見ていて楽しいですね。
艶やかなソメイヨシノも好きですが、私はこの控えめな山桜の類に
もとても心惹かれます。あぁ、自然豊かな山はやはり素晴らしいです。



地元に居ながら普段はなかなかお会いする事ができない
自治会の方々や、お隣の集落の方々にもこうしてお会いでき、
他愛もない会話ができるのは幸せなことだと思いました。
普段は代謝が悪くなかなか汗をかかない私ですが、久しぶりに
すがすがしい汗をかきました。そして春の息吹を存分に満喫
させていただきました。

私たち1人1人をつないでくれる、「電気山道」。これからも
大切にしなくちゃと思います。
 
In Thoughts | comments(0) | trackbacks(0)

桜とおじいちゃんとたからもの屋と

こんばんは。お久しぶりです。
また、更新しばらく滞ってしまってすみません。

言い訳がましいのですが、色々慌ただしく過ごしていて
ブログから遠のいていました。 出湯温泉の桜も今は満開に
なりました。

桜の写真撮りたいなぁと思いながら、ずっとカメラに
収めるタイミングがつかめずだったのですが、今日ついに
カメラ時間が持て、おかげ様で今年初の桜写真が
撮れました。



たぶん今年はこれ一枚です。
なぜかと申しますと、実は五頭温泉郷の他の4旅館さんと一緒に
新たに会社を立ち上げていたのです。毎日皆で準備に追われ、
しばらく宿屋から遠のいて、母のご機嫌も少々斜めに傾いたり、スタッフに
負担をかけたりと周りのみんなの理解と協力があったおかげで、
五頭の仲間とともに新たな船出を迎えることができました。

昨日16日がプレオープンだった、私たちの地域大好き会社
「五頭たからもの屋」。満開の桜の下、新たなスタートを切りました。

こちら、プレオープン前日の夜の施設内の様子です。


準備作業中に桜のつぼみが膨らみ始め、そしてほころび、
今は「私のこと見てみて!」と言わんばかりに、満開に
咲き誇っています。毎日屋内の窓から眺めてはいたのですが、
なかなか外に出られず、でも、今日ようやく少し余裕が出来、
外に出て桜の下で春欄万なひと時を味わいました。

私たちの新会社が入っている観光施設「うららの森」は、
村杉温泉の入り口、国道290号線沿いにあります。
道路沿線には桜並木が続くのですが、この桜並木を
見る度、私にはいつも祖父のことが偲ばれます。

およそ20年ほど前に天国へと旅たった、今は亡き祖父が
若かりし頃、地元の観光に携わる方々とともに、「五頭の国道沿いを
桜並木にしよう」と情熱を注いでくれていたという話を、いつの頃か
祖母から聞きました。

祖父らの郷土を愛する心が、こうして数十年たった今、
ここに今生かしてもらっている私たちに、毎年見事な
桜並木を見せてくれているのだなぁと思うにつけ、
感慨もひとしお。

私には未来の故郷にどういう恩返しができるのだろうと、
たからもの屋の準備の最中ずっと考えています。

桜と、おじいちゃんと、たからもの屋。繋がって
いないようでも、私の中では強いきずなで結ばれています。
これからも五頭で生きる私の大きな支えとなって
くれることでしょう。

素敵な仲間に巡り合え、本当に幸せに思います。

In Thoughts | comments(0) | trackbacks(0)

五頭集会

こんばんは。今日も昨日に引き続き青空の広がる出湯温泉
でした。晴れていましたが、気温は冬らしくぐ~んと低め。
いつも凍らない水道の蛇口が今朝は凍っていました。
夜になり、綺麗な雪もはらはらと舞っています。気温が
低いため、サラサラとした、雪の結晶が綺麗に見える
綿雪です。

今日は五頭温泉郷の女性陣が村杉温泉の
長生館さんに一同に会し、楽しいランチとお茶の時間を
過ごさせていただきました。こんなに大勢のタイミングが
揃ったのは、私の知る限りでは恐らく初めてなのでは。

普段あまりお会いできない方とも、おいしいお料理が
並んだテーブルを囲め、それはそれはお話に花が
咲きすぎてしまい、気がつけば数時間があっという間に
過ぎていました。

もともと、いつものごとくカメラを忘れていってしまい、
どなたかにお願いして記念写真を撮っていただこうと
思っていましたが、そのお願いをするのも忘れてしまい、
残念ながら写真なしです。(ちなみに、携帯電話のカメラは
数年前から壊れっぱなしで、機能しません・・・そして
いまだ、世にいわれるガラケーです。)

今日の五頭集会では、たくさん笑い、笑顔と元気を
一杯もらいました。帰ってきてからは、お陰さまで上機嫌で
仕事ができ、とても嬉しく思います。

今も「やっぱり五頭っていいなぁ」とほんわかした余韻に浸れ、
私はお酒がほとんど飲めないのですが、きっとほろ酔い
気分くらいに心地よい感覚です。これはもう少ししたら
また集まらないとだなぁと、早くも次回に期待です。

In Thoughts | comments(0) | trackbacks(0)

学び舎で

こんにちは。今日はまたお馴染みの
曇り空でスタートした出湯温泉です。
ときどき時雨ていますが、昨晩の
物凄い雷が治まったのでほっとしています。

先週16日の金曜日に私の母校へ
お邪魔してきました。私が通っていた頃は
「県立新潟女子短期大学」でしたが、今は
4年制大学へと変わり、それに伴い名前も
「新潟県立大学」と改まり、共学の学校になりました。

2年間通った通学路と同じ道を懐かしみながら
車を進め大学へ到着。かつての面影を残しながらも、
敷地には新たに校舎が一つ増えていたり、
男子学生がいたりと新鮮な風景も楽しめました。

10月に完成したばかりという学食で、学生さん達に
交りながらお昼を御馳走になり、到着するまでは
「学生さんはさほど私と変わらない感じなのでは?」
と勝手に勘違いしていた自分の年齢をひしひしと
感じました。時は確実に流れているのですね。

この度お邪魔したのは、実はこちらの大学の
Y先生からお電話を頂戴しまして、「地域環境学」という
授業の一環で「ゲスト講師」としてお話しをとのご依頼
をいただいたためです。このような私に到底務まる
はずはないと初めは辞退申し上げたのですが、
ありのままの姿をお話しくださいとのことで、(プラス
卒業生ということで・・・)せっかくのありがたい御縁
ですのでお受けさせていただくことにいたしました。

あんなに大勢の方たちの前でお話しするなんて
初めての経験でとても緊張しました。
受け持ちは1時間ほどと伺っていましたので、
そんなに長い時間何をお話ししたら良いのかなぁと
不安でしたが、結果一時間は思っていたよりも
うんと短く、中途半端な内容で、尻切れトンボの
ように終わってしまい、最後が一番肝心だったの
ですが、お伝えすることもお伝えできず皆さんには
残念なことをしてしまいました。力不足で時間配分を
間違ってしまい、申し訳ございませんでした。
そしてうまく話せず、まとまりのない他愛も
無いお話しで失礼しました。お聞き苦しかったで
しょうに、最後は沢山の拍手をいただきまして
とても嬉しかったです。ありがとうございました。

学生の皆様、勉強に遊びにどうぞこの学生時代に
しかできないことを思いっきり楽しんでくださいね。
皆様のご活躍を山の中より応援しています。
(伝え損ねたことのひとつが、私が心の凹んだ時、
自分に言い聞かせていることは、「他人と過去は
変えられない。変えられるのは自分と未来だけ」と
いう言葉です・・・)

私の日々についてお伝えできなかったことは、
お時間あるときにぜひこのブログをご覧いただけ
れば嬉しい限りです。

Y先生、受講されていた学生の皆様、この度は
素敵な御縁をどうもありがとうございました。
またお会いできますように。

In Thoughts | comments(0) | trackbacks(0)

素敵な御縁

こんばんは。今日もギラギラ太陽に
見守られた出湯温泉でした。

インターハイにこられている皆様が
お泊りくださり早1週間。今夜が最後の
お泊りです。長くいらしてくださったので、
明日はもう当館にはお帰りにならないんだなぁと
思うと、寂しい気持ちがします。

毎朝早くから朝練(この言葉、凄く懐かしくあり、
とても新鮮です)をされている多くの生徒さんが
出湯温泉街にあふれていました。

いつものお寺さまのお風呂からの
他愛もない会話が耳に入りながら、
日ごろ目にすることのない、元気いっぱいの
高校生さんたちのお姿を拝見するのが
ここ一週間の楽しみでした。

炎天下の中がんばっている皆様、せっかく遠くから
この大会のためにお越しになったのだものと、
母を先頭にスタッフが愛情をこめてお食事の準備を
させていただいていました。

皆様の笑顔と嬉しいお言葉、そして空になった
食器たちが、私たちにとって何よりのご褒美です。

お一人お一人にそれぞれドラマがあったことでしょう。
嬉し涙、悔し涙、それぞれ思いは違うかも
しれませんが、私にしてみればどれもとてもピュアな
綺麗な涙にしか思えません。「青春っていいなぁ」
とつくづく思います。

毎日の長い御移動、お忙しいスケジュール
お疲れ様でした。明日は最終日ですね。
皆様のこと、山の中から応援しています。

この度は素敵な御縁をどうもありがとうございました。
皆様から頂いた元気エネルギー、大切にします。

In Thoughts | comments(0) | trackbacks(0)

五頭の仲間と

こんばんは。出湯温泉には今日もぴかぴかお日様が
ずっと出ていてくれました。

昨日は五頭温泉郷の皆さんと一緒に楽しい宴を
持ちました。若い人がだんだんと増えてきましたので、
活動休止ぎみだった青年部が再び積極的に
活動することになり、若い人たちを囲んで
親睦を深めよう!と企画されました。

私の父が現在当温泉郷旅館組合の理事長を仰せ
つかっていまして、私が会議にお邪魔することが
ほぼなくなり、近くにいながらもなかなか
皆様とはゆっくりとお会いしていませんでした。昨日は
久しぶりに五頭のお仲間に会え、とても楽しかった
です。

つい先日まで、私が一番若いグループだった気が
するのですが、いつの間にか年下のお仲間が結構
増えているという事実。時は着実に流れているのだなぁ
としみじみ感じ入りました。

お酒を酌み交わし、和やかな雰囲気の中、自分たちの
温泉場への思いを語り合いました。まずはここに住む
自分たちが楽しく生き、お越しくださる皆様にも
その楽しさを感じてもらえるよう、個々がそれぞれの
道を歩みつつ、協力し、お互いを高めていけたら
いいなぁと思いました。

どうやらこの会合は今後定期的に開催される模様です。
パワーあふれる五頭の仲間たちと過ごす時間に
なんだかわくわくします。これってとても幸せなんだ
なぁと思います。

既に五頭ファンの方にもっともっと満喫してもらえますように。
新たな五頭ファンの方が一人でも多くできますように。

In Thoughts | comments(0) | trackbacks(0)

自然エネルギー

こんばんは。
いきなりですが、皆様は地熱開発のお話は
お聞きになったことありますでしょうか。
こう問いかけておきながら、恥ずかしいことに
私はまだまだ勉強不足で、地熱開発に
ついてお話にならないということは知っています。

でも、「今や、原発はこの通りだから、その代替として
地面を掘って地下の熱源を使い、エネルギーを
得よう!」っていう考えは果たして本当に健全なの
かなぁと思うのです。

私たちが生かしてもらっているこの地球は、
宇宙の中で一つしかなく、こんなに溢れる自然に
恵まれていて、人間は何ら苦労することなく呼吸を
させてもらい、水を飲ませてもらい、命を
つなげています。この世にあるものはすべてに
意味があり、それで今の世の中のバランスが
取れているように思います。

このかけがえのない地球に、気の遠くなるほど
大きく深い斜めの穴をあけ(国立公園内は現在、
手をつけることが法律により禁止されています)、
熱源を得るために、有害なガスも出ることも承知で、
またその熱源が無限である可能性も未知の中で、
果たしてそれが本当に未来にとってのエネルギーに
なるのでしょうか。自然の力を使ったエネルギーだから
自然に優しいとすれば、聞こえはいいです。
でも、本当に自然に優しいとは、何も手をつけず
あるがままの姿を保つことなのではないかと
思います。そんなにぼこぼこと掘られちゃったら、
地球もびっくりしているのではないでしょうか。
そして、地球のバランスは確実に崩れてしまう
でしょう。

この地熱開発のことを思う時、私の脳裏には
いつも、活気のなくなったリゾート地や空しそうな廃坑
の図が浮かんできます。勢いに乗り、やれ開発だ開発だ
と全力を注ぎ、ブームが去り、また掘りつくしてしまえば
残るのは廃墟と化した寂しい風景だけ。将来の日本が
そんな寂しそうな姿にならなければいいなぁと。

どうやって新しいエネルギーを見出そうかと
考えるのはこれからの未来に必要不可欠ですが、
どうやったらいかにエネルギーを使わなくても
すむようになるだろうと考えることもまた
とても大切に思います。

In Thoughts | comments(0) | trackbacks(0)

ここはだいじょうぶです

そしてご連絡をくださった皆様、ご心配くださり
本当にありがとうございます。

御蔭様でここ出湯温泉は何も被害出ることなく
通常通りです。私たちは大丈夫です。

どうぞ皆様もくれぐれもお気をつけて
お過ごしくださいませ。

In Thoughts | comments(0) | trackbacks(0)

お見舞い

この度の震災で被災された方々に心より哀悼の念を表します
とともに深くお見舞い申し上げます。被災なさった方の
思いは、私の想像なんて遥かにに超えているでしょうが、
お気持ちを察しますと、ただただ切なくなってきます。

これが現実なのかと疑ってしまいます。

これ以上被害が広がらないことを祈るばかりです。

In Thoughts | comments(0) | trackbacks(0)

無事に

またまたご無沙汰しておりすみません。

あっという間に今年も終わろうとしています。
明日のチェックアウト業務の準備を終え、ようやく
一息つけそうです。

我が家の大晦日の夕食は毎年決まっていて、
今日もいつもと変わらず皆ですき焼きをつつきました。
私の妹3人も揃って、久しぶりに4姉妹で集合でき、
嬉しく思っています。

多くの方にお越しいただき、こうして無事に今年を
終えることができますこと、心より感謝しています。
一年間のご愛顧、本当にありがとうございました。
多くの方々の笑顔に出会え、とても幸せでした。

このつたないブログ(しかも更新頻度が低い・・)も
お読みくださりまして、どうもありがとうございました。
来年も地味ではありますが、折に触れアップして
参りたいと思います。どうぞ宜しくお願いします。

そろそろ隣のお寺の除夜の鐘が聞こえてくる頃
かと思われます。

どうぞ皆様良いお年をお迎えください。

In Thoughts | comments(0) | trackbacks(0)