出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ニョキニョキ

こんばんは。

また、お久しぶりになってしまいました。

ゴールデンウィーク中は、当館にも連日多くの方にお出ましいただきまして、
ありがとうございました。

今では、すっかり、いつも通りの静けさです。

 

出湯温泉は、すっかり春の装いです。

若葉萌える感じは、気持ちがいいものです。

いつも、この時期に渡ってくるアカショウビンも鳴き始めました。

そして、春といえば、

 

 

ご近所様から、採れたてを頂きました。

柔らかく、えぐみもなく、美味しいです。

季節のものを、味わう幸せを感じています。

いっぱい食べれば、背もニョキニョキ伸びるでしょうか。

(ちょっと、遅いですよね・・・)

四季のうつろい | comments(0) | trackbacks(0)

春は牡丹

こんばんは。

本日の出湯は、春が足踏みしてしまったのか、寒いです。

ただ、確実に春が近づいていますね。

花粉も近づいてくるのが、辛いですが。

 

本日は、お彼岸の中日。

毎年、母が、早起きして、ぼた餅を拵えてくれます。

小豆の優しい甘さが、たまらないです。

三つのつもりが、あっという間に、五つも入ってしまいました。

いつもの事ですね。

ちゃんと、ご先祖様には、お供えしました。

ご安心を。

 

季節を感じられる日本の文化は、素晴らしいと改めて感じました。

 

 

 

 

出湯温泉歳時記 | comments(0) | trackbacks(0)

雪男、現る

こんばんは。

ついに、雪落としを敢行した清廣館です。

自分たちで行ったため、一番高い大屋根の雪は落とせず仕舞い。

これ以上、雪が降ったら、潰れてしまうかもしれません。

潰れてしまうのが先か、命がけで雪を落とすのが先か、悩む所です。

一番いいのは、業者さんに頼むことだとは思います。

 

これほどまで、雪が降ると、五頭山から雪男が降りてきます。

そして、足跡を残していきます。

 

 

すいません。

小鳥の足跡です。

雪が、降ると、お隣さんのあしあとが残って楽しいです。

 

四季のうつろい | comments(0) | trackbacks(0)

よちよち、湖を歩く

こんばんは。

記録的寒波の影響が、出湯にも出始めています。

最近は、屋根の雪下ろしをするほど、積もることがありません。

今年は、そうは行かないみたいです。

周りの、お家でも、ちらほらと雪下ろしをする所が、出てまいりました。

もう、これ以上降らないことを、祈っております。

 

瓢湖の凍結が日に日に広がっています。

白鳥にとって、水の上が、天敵に狙われない最高の場所だそうです。

なので、今の氷の上で寝る事は、とても危険な事になります。

ゆっくりお休みできないのではと、少し心配になります。

ただ、氷の上を、よちよち歩く姿は、砂漠のキャラバン隊のようです。

可愛らしい見た目とは裏腹に、寝不足で、よちよちになっているのかもしれませんね。

 

 

 

 

四季のうつろい | comments(0) | trackbacks(0)

湖を歩く

こんばんは。

今年、二回目の大寒波に襲われている出湯温泉です。

一回目の時は、かなり、雪が降ったのですが、今回は、雪は少なめです。

その代わり、冷え込みが厳しくなっております。

色々なところが、凍ってしまい大変です。

各地では大雪に見舞われていらっしゃるところもあるかと存じます。

どうぞ、くれぐれも大雪、凍結にお気をつけてお過ごし下さいませ。

 

今回も、瓢湖、凍ってしまいました。

普段は、プカプカと優雅に浮かんでいる白鳥が、湖面でお休みしています。

ふと、大きな大福が、沢山あるみたいに見えてきてしまいました。

柵を乗り越えて、湖の上を歩いて、食べに行きたくなってしまいます。

皆様は、どのようにお見えになりますでしょうか。

マシュマロでしょうか。

 

 

 

四季のうつろい | comments(0) | trackbacks(0)

寒波の後で・・・

こんばんは。

出湯温泉も、大寒波に見舞われて、寒い日が続きました。

あっという間に、真っ白。

瓢湖も、凍ってしまいました。

 

寒波が過ぎての、晴れ渡った朝に、どうやら、いたずら好きの妖精が、駐車場に来たみたいです。

たぶん、三人組の妖精の置き土産。

雪が降ると、大変な事の方が多いですが、見つけてほっこりしてしまいました。

雪があるのも、いいものですね。

 

清廣館 | comments(0) | trackbacks(0)

2018年の幕開け

新年明けましておめでとうございます。

 

旧年中は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございました。

本年も倍旧のご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

 

今年も、無事に清廣館流の、お餅にお雑煮に、お節にと、ご用意させていただきました。

お泊りのお客様に喜んでいただけたら、幸いです。

もちろん、お餅とお節は、お正月恒例で、私の口にも入りました。

 

ひと段落してからの、初詣に行ってきました。

出湯から、車ですぐの、旦飯野神社です。

パワースポットとして、すっかり有名になった旦飯野神社ですが、三が日もとうに済んでいて、静かな感じです。

 

今年一年、皆様にとりまして笑顔あふれる年でありますように。

 

皆様、旦飯野神社、読めましたでしょうか。

気になる方は、お調べ下さいませ。

 

 

 

清廣館 | comments(0) | trackbacks(0)

手前塩ですが

こんばんは。

出湯温泉も、寒波に襲われて、寒い一日でした。
清廣館では、少し早い消雪パイプの登場になりました。

今年の冬は、駆け足でやってきているので、居なくなるのも駆け足だといいですね。

 

この時期、お隣の村上では、鮭の塩引きが、真っ盛りです。

実は、清廣館でも、鮭を吊るしています。

低温多湿に、浜風、じっくり発酵、熟成がが村上の塩引き鮭の美味しさの秘密です。

清廣館でも、低温多湿、海風ならぬ山風、じっくり発酵、熟成しております。

隠し味で、女将の「美味しくなぁれ」の気持ちが入っております。

 

手前塩ですが、ちょっぴり塩が効いた、清廣館鮭も、癖になります。

 

地元の逸品 | comments(0) | trackbacks(0)

手前味噌ですが

こんにちは。

今年、三度目の積雪に、見舞われた出湯温泉です。

冬が、少し早めのご挨拶に来ているのでしょうか。

 

瓢湖にいない白鳥を、この前、見掛けしました。

お食事中のところを、近寄ってしまったため、皆さん警戒して首を長くしています。

 

 

もう少し、もう少しと、近づきすぎて、この後、皆さん一斉に飛んで行ってしまいました。

 

 

手前味噌ですが、白鳥と夕日と田んぼ、これもまた、今の時期だけの愉しみだと思います。

清廣館は、逃げずに、皆様のお越しを首を長くしてお待ち致しております。

 

 

 

 

 

 

四季のうつろい | comments(0) | trackbacks(0)

手前味噌ですが

おはようございます。

出湯も、寒波に襲われて、体の芯から、寒い朝を迎えております。

まだ、寒さに慣れていない体ですと、どうしても寒さに負けてしまいます。

寒さの前に、布団に負けて、なかなか起きられないのですが・・・

 

普段は、年明けから積もる雪が、十一月に積もってしまいました。

お泊りのゲストも、びっくりの天候です。

景色がサッと変わってしまう初雪は、美しく心を奪われてしまいます。

 

手前味噌ですが、少し早い、清廣館の雪景色もいいものと思っております。

 

 

四季のうつろい | comments(0) | trackbacks(0)