出湯温泉物語

新潟県最古の湯、五頭温泉郷出湯温泉。江戸時代から続く旅館「清廣館」より出湯温泉で広がる物語をお届けします。
<< October 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

手前味噌ですが

こんばんは。今日の出湯温泉は、お日様が大笑いの
一日でした。暑さは真夏でしたが、日が傾くと、
からりとした、とても過ごしやすい気候です。
ビールがお好きな人は、一段とおいしく感じる
夕暮れ時かもしれませんね。

このあたりの蛍も、どうやら活動開始したようです。
他の動植物に倣い例年より早めのお出ましですね。

さて、今週は毎年恒例の味噌づくりウィークでした。
当館では、毎年祖母のお友達に入れてもらい、お味噌を
手づくりしています。もう何年になるのでしょうか、
私が宿に戻って来てから、祖母について毎年お世話に
なっています。
今年は、皆さんのご予定の都合により、いつもの会場から
他の会場へと場所が変わりました。私にとってははじめて
お邪魔する会場でしたが、いつもの所よりもこじんまり
していて、揃っている道具や備品も心くすぐられる木製の
もので、こちらはこちらで心地よい環境でした。

では、物覚えの悪い私でも、拙い記憶をよみがえら
せながら、今年もスタートです。

まずは、糀をおこします。予めといでおいたお米を
持ち寄り、水気を切った後、固めに蒸してゆきます。



こちらではセイロを使って、昔ながらの作り方。
心弾みます。





蒸しあがったら、台の上にお米を広げ、糀菌を
全体にふりかけ、お米全体に菌が行き届くよう、
まんべんなく混ぜ合わせます。ここでのポイントは、
お米の温度を下げないこと。温度が下がると
お花が綺麗に咲きません。

こののち、お米を木のヘギに入れ、こちらの
糀マシーン(正確な名前はすみません、忘れました…)
にそれらヘギを並べ一晩一定温度を保ち、糀を
おこします。



第2日目。この日は糀をいったん取り出し、
ひっくり返して、再び糀マシーンへ戻す作業と、
大豆をとぎ、そののちお水の中で浸す作業です。
新潟県産の粒ぞろいちゃん。見るからに
おいしそ〜。



そして、いよいよ最終日の第3日目。
昨日お水に浸しておいた大豆を炊いていきます。



炊いた大豆はそののち、このミンチマシーン
(またまた正確な名前が分からないので、
私が命名しました。お肉をミンチにするみたいな
機械です…)の中にいれ、ペースト状にします。

写真を取り損ねましたが、この時皆さんと
炊きあがったお豆を味見。驚くくらいあま〜い
お味でした。



こちらが、マシーン通過後の大豆です。



糀も無事、綺麗に出来上がっていました。お米のお花と書いて
「糀」。日本語は本当に綺麗ですよね。改めて、日本人の
センスにほれぼれです。
あぁ、それにしてもこの糀の香りってなんであんなに良い香り
なのでしょうかね。



作業もいよいよ佳境です。
この大豆のペーストと糀にお塩とお水を混ぜていきます。



こちらの、(名づけて)撹拌マシーンの登場です。



絶妙な固さでお味噌を仕上げ、各々の桶へと振り分け、
蓋をしてさぁ完成。

後は3年後、おいしくなるのを待つのみです。
時々お味噌の入れ替え(天地替えなる作業)を行いながら、
時間がゆっくりとおいしさを育んでくれます。

当館のお味噌、手前味噌ですが、愛情たっぷりで
おいしいですよ。

 
清廣館 | comments(0) | trackbacks(0)

アロマ効果抜群の

こんばんは。
ふと気が緩むと、この調子ですね。すみません。
また更新滞りました。

2-3日気温低めの日が続きましたが、今日はその
反動もあってか、日中は暑いくらいの陽気に恵まれた
出湯温泉でした。

さて、本日4日は菖蒲湯の日です。1カ月遅れの端午の
節句の宵節句にお風呂に菖蒲を浮かべ、また軒先に
菖蒲を飾り邪気を払います。現代の暦に合わせると、
確かにこの辺では1ヶ月前では、おそらく菖蒲が
いいころ合いにまで成長していないってのも
有るかもしれませんね。(お盆のお墓参りも、
そういえば、都会と違い、このあたりでは1カ月
遅れの8月13日です。)

お昼休みに祖母と近くの水辺へ赴き、菖蒲をちょっぴり
頂いてきました。鋏を入れると、切り口から良い香りが
漂います。

宿に戻り、頂いてきた菖蒲を綺麗に洗い、一緒に
摘んできたヨモギも束ねて、いざ、軒下と、湯船へ。





温泉の熱によって、爽やかな香りがお風呂場一杯に
漂っています。アロマオイルをキャンドルであたためて
いるような効果なのかもしれませんね。

日本古来の、ハーバルバス。しかも、温泉。
手前みそですが、やっぱり贅沢です。アロマ効果
抜群ですしね。

今宵は、年に一度の特別なお風呂。存分にお愉しみ
いただけたら幸いです。
出湯温泉歳時記 | comments(0) | trackbacks(0)

我らがお父さんのめでたき一日

こんばんは。今日の出湯温泉は、とても心地よい
お天気に恵まれた一日でした。

今週16日の月曜日、東京へと出向きました。
私ども日本秘湯を守る会の名誉会長であり、
私たちの人生の師であり、私たち秘湯ファミリー
の父でもある佐藤好億さんが今年度の日本旅の
ペンクラブ大賞を、個人としては初めて授賞なさった
記念の講演会とパーティーだったのです。

名誉会長は、日本の旅文化・温泉文化の発展に惜しみなく
全力を注いでくださり、自然との共生を根源とする私たち
日本秘湯を守る宿のメンバーを全力で守ってくださって
います。もちろん血は繋がっていませんが、我らが父として
私たちに無償の愛を注いでくださっています。

記念に御講演くださったお話の内容は、ずしんと
心に響きました。自然なくして温泉無しです。なぜブナの
原生林を守る必要があるのか、なぜ無秩序な地熱発電の
開発が危険なのか、今まで機会あるたびにお話しくださる
内容もありましたが、今回初めてお聞きするお話も多々あり、
また、これらの内容をきちんと第三者の方たちにもお話しして
くださる強さと情熱をひしひしと感じました。

名誉会長の栄えあるめでたきお時間を、秘湯の会の皆さんと
一緒に過ごさせていただけ、胸いっぱいのひと時でした。

名誉会長、この度は本当におめでとうございました。
これからも、ずっと続く日本の温泉文化を守るため、ぶれずに
ついていきます。
日本秘湯を守る宿 | comments(0) | trackbacks(0)

軽燕風受斜

こんばんは。今日の出湯温泉は、爽やかな風薫る一日
でした。柔らかな緑の中、何度も意味なく玄関の
外に出ては、おいしい空気をたくさん吸いました。

私は可能な限り、バスでお見えのお客様のお見送りを
出湯温泉のバス停でさせていただいているのですが、
毎年この季節のお見送りは特別な楽しみがあるのです。

携帯カメラなので、いまいちわからないかも
しれませんが…



こちらは5月1日の様子です。例年になくとても早い
お越しです。毎年決まって、バス停のこの電気の上に
巣を組みます。

巣に気が付いたこの日は、既に完成寸前。
植物もそうですが、小雪の影響か、例年より1週間
から10日くらい自然界の動きが前倒しになっている
ように思います。こちらのツバメも然り。

こちら、5月5日の様子です ↓
少しずつおっきなおうちに仕上がって来ています。
一体定員何羽なのかしら。



この間も何度となくバス停には出向きましたが、
携帯を不携帯だったり、慌ただしく宿に戻ってきたりで
残念ながら写真がありません…

そして、飛びますが、こちら本日の様子です ↓


いました、いました! 頭がひょっこり出ているのご覧
いただけますでしょうか。相変わらず不鮮明な画像は
あしからず…

燕の写真を撮りたくて、でもなかなかタイミング合わず、
ちょっとバス停の椅子に腰かけて、この時期にいつも
お茶の先生がお稽古場にしつらえてくださる短冊
「軽燕受風斜」を思い浮かべながら、忙しく飛び回る
この巣の主の帰りを待つことにしました。(この禅語、
気になる方は、ぜひお調べくださいね。)

時々戻ってくるこの主、確かに身軽で、ヒューンと巣に
戻って来たかと思うと、即座にヒューンとまた外へ出かけ
ていきます。

こちらの燕のおうちの下には心優しいお掃除の方が
毎日新聞を取り換えてくださいます。ありがたいです。



燕の動きがおもしろく、思わず長居するところでしたが、
はっと我に返り、そそくさと宿に戻りました。

 
四季のうつろい | comments(0) | trackbacks(0)

お薬師様の日

おはようございます。ちょっぴり、お久しぶりに

なってしまいました。

今日の出湯温泉、3日以来の気持ち良い晴天に

恵まれています。昨日の雨で潤った新緑が、

今日は一層キラキラして眩しいです。

ゴールデンウィークの最終日がお出かけ日和に

なり何よりですね。



はてさて、毎年5月8日と言えば、こちら出湯温泉は

お薬師様の日です。古い温泉場には必ずと言っても

過言ではないほど、お薬師様(薬師如来)が御祀りされて

いるそうです。こちら出湯温泉にも、境内の一角の

高台にいらっしゃいます。温泉を守り、また訪れる

方々を守ってくださるお薬師様です。



ゴールデンウィークにもかかわらず、本人の誕生日

だというのにもかかわらず、昨日母は隙間時間を

作り、ヨモギを摘みに近くまで出かけて行きました。



見るからに柔らかなヨモギです。

爽やかな香りが台所に広がります。







いつもと変わらない、甘さ控えめのホームメイド

あんこ。茹でた小豆を皮ごとフードプロセッサーに

かけてあんこにするので、栄養満点ですし、

より一層深いお味に仕上がります。







ヨモギはさっと湯がき、細かく刻んで。

何とも鮮やかな皐月色です。







そして、本番の今朝を迎えました。

母の日にも関わらず、いつもよりさらに早起きして

お客様の朝ごはんを仕上げ、草もち作りに取り掛かります。

私から申し上げるのもなんですが、ホント手作り大好きな、

凄い母です。





このつきたての、モチッモチのお餅にたっぷりあんこを

まぶして、出来上がり。ほっぺた落っこちそうに

なるとは、このこと。



お薬師様にまずはお供えし、日頃の感謝をお伝えします。

お泊りのゲストとお隣さんにもお裾わけです。







お誕生日も、母の日も、ゴールデンウィークの

忙しさに甘んじてまだ母には改めて伝え切れては

いませんが、



お母さん、お誕生日おめでとう。

そして、いつもありがとう。



とこの場で伝えさせていただこうと思います。



もちろん、私たちのお薬師さまにも、目いっぱいの

ありがとうを捧げます。
出湯温泉歳時記 | comments(0) | trackbacks(0)

八重桜フィールズ

こんばんは。今日の出湯温泉は、ちょっぴり肌寒い、明るめグレーの曇り空が広がる一日でした。
毎年の恒例行事となりました、瓢湖での早朝朝活、八重桜のお花摘みに今朝出かけて来ました。朝の苦手な私ですが、ここ最近は私らしからぬ現象が起きていまして、割とパッと布団から抜け出すことに成功しています。

雲の中から、淡いお日様の光が徐々に高くなってくるのを背中に感じながら、車を瓢湖まで進めます。



いつもと変わらない、このボンボンピンク。



ホントに愛らしいです。張り切ってカメラも携えていったのですが、まさかの電池入れ忘れで、写真撮れませんでした。ごめんなさい。

まだ誰もいない八重桜フィールドで、ふと湧いてきた、ビートルズのストロベリーフィールズを口ずさみながらのお花摘みでした。(お花摘みは、許可を頂戴しています。)



なんとも贅沢な朝時間でした。

そのうちに、朝のウォーキングやお散歩をする方々もお見かけし始め、毎年お会いする、笑顔の素敵な奥様に今年もお会いでき、少しだけ歓談。

私も目覚まし時計なんか無くても、日の出前にすくっと起き上がり、この方たちのように、健康的な1日の始まりが、日課になったら、どんなにか喜ばしいのだろうと思いながら、帰路に着きました。



帰ってきてから、桜のお花を一花ずつ丁寧に水洗いして、早速漬け込みました。

次の工程が今から楽しみです。
四季のうつろい | comments(0) | trackbacks(0)

心地のよい木


こんにちは。

九州の大地震、被害にあわれた皆様に心より
お見舞い申し上げます。
遠く離れてはいるものの、私たちのふるさと日本、
とても心配ですし、悲しいお知らせが入るにつけ心が
押しつぶされそうですし、思い当たる言葉は全て
薄っぺらではありますが、どうか一秒でも早く
穏やかな時間が訪れるようお祈りします。
心を強く持ち、1人1人に出来ること、力になれる
ことをそれぞれが進めていきましょうね。

2階で仕事をして、何気に窓の外を見たら、
可愛らしい発見がありました。

お分かりになりますでしょうか ↓



近づいてみますと、


おじいちゃん(おばあちゃん?)のもみじの木に
可憐なスミレが住んでいました。まるでお気に入りの
椅子に心地よく座っているようで、思わず
カメラに収めました。スミレにとっては心地の
良い木なのでしょうね。

おそらく毎春姿を現していたのでしょうが、今日
初めて知った姿です。毎日何気に見えてるようで、
実は知らないことが周りには沢山あるなぁと
つくづく感じました。

池の周りにも、スミレがいっぱい。



山吹や、


石楠花も


花開き始めました。

木々も日毎に芽吹いてきています。

 
四季のうつろい | comments(0) | trackbacks(0)

菜の花カーペット

こんばんは。今日は何とびっくり、白い朝で幕開けの
出湯温泉でした。昨晩寒いなぁと思ったのも納得。
目覚めがすっきりしていたのも納得。(花粉飛散も
一休みの模様。)
この前、サヨナラしたばかりでしたが、この冬の
積雪では田んぼの水が心配だったのでしょうか、
名残惜しかったのでしょうか、雪が再び登場。
卯月の雪となりました。昨日満開の桜の下でのお花見
現場をお伝えしましたのに。自然の動きはなんとも
豊かですね。


うっすら積もりました。

満開の桜の木々にも、結構厚めにお化粧が
施され、珍しい美の世界でした。(が、
なんだか慌ただしくしていたため、写真に
収めそびれました。すみません…)

用事を足した帰り道、お隣新潟市北区にある
「福島潟」へちょっと寄り道しました。
こちらの湿地、野鳥の楽園でして、多くの鳥ファンの
方々が年間通して訪れていらっしゃいます。
冬はオオヒシクイの越冬地としても有名です。

四季それぞれに魅せられる景色。
春は、一面黄色の菜の花カーペット。



今朝の雪を纏った、五頭連邦をバックに、
まばゆいじゅうたんが目の前に広がります。


美しい景色に、暫し感動。 


とは申しましても、ちょっと寄り道の限られた時間
でして、後ろ髪引かれながら家路へと。

宿よりお車で約30分。春の花旅、お勧めスポット
です。

 
越後路 | comments(0) | trackbacks(0)

桜並木の下で


こんばんは。花曇りの一日となった出湯温泉です。

ここ出湯温泉のある、五頭の里への今年の桜便りも、
近年では恒例となりました、速達。
あっという間に満開になりました。

業平の詠む「世の中に〜」の心境です。
儚い桜の世界です。お花見したくて、でもなかなか
出かけられずにいまして、ちょっとしたすきに
お隣のお寺さんの桜を愛で愉しんでいます。  
 
  

こちらは出湯の鎮守神さまのお社に咲く桜↓


今日の午後、思いがけず時間が取れましたので、
ふと思い立ちお隣の集落「畑江」にある
五頭いこいの森へとお茶セット携え遊びに行きました。

こちらの森は、「全国森林浴100選」にも選ばれし、
とても素敵な森なのです。出湯温泉からは、遊歩道
「電気山道」を通って徒歩15分ほどで着きます。
(今日は車でしたので、当館よりほんの3分程です。)

広大な敷地の横を大荒川という川が流れ、その河原に沿って
それはみごとな桜並木が続きます。とても開放的で
それでいて敷地が広いので、混み合う事はあまりなく、
キャンプサイトもあるので、おすすめ穴場的お花見スポット
なのです。まさに、知る人ぞ知る場所。ホントは秘密に
しておきたいくらいのお気に入りのお花見会場なのです。

私の突撃訪問ですが、いつもお世話になっている
いこいの森の管理人さんをお誘いして、今日は桜並木の
下で野点を愉しみました。ちょっとお湯がぬるかったのは、
次回への課題とすることにしましても、とても楽しいひと時
でした。

管理人さんがたまたまお持ちになっていたおむすびや、
油揚げなども並んで、即席ピクニック。


ピザ釜を作ったり、看板をつくったり、森のお手入れを
していたスタッフの方々もお呼びして、即興ティー
パーティーの開催です。こんなことならもっと入念に
お菓子を準備すればよかったです…次回また。



若葉のころに、完成したピザ釜でピザを焼いてもらい、
お茶を点て、またみなさんと楽しい時間を過ごせたらと、
いこいの森での野点の野望は続きます。










 
清廣館 | comments(0) | trackbacks(0)

三条さんぽ

こんばんは。昨日はとても暖かく、桜も一気に開花しましたが、

今日は一変菜種梅雨、朝から昨日の反動もあってか肌寒い

一日となりました。



さて、先週三条のまちを訪れる機会がありまして、

三条さんぽを決行しました。何かと話題満載の三条

燕エリアです。新潟県のほぼ中央に位置し、古くから

日本に於いてもトップを走る、金属の地場産業がとても

盛んな場所です。当宿からは場所にもよりますでしょうが、

お車で(したみち)およそ1時間ー1時間30分の距離です。



最近オープンしたての素敵なカレー屋さん「三条スパイス

研究所」さんでランチを頂き、そのあとは包丁屋さんの

「タダフサ」さんへお邪魔しました。タダフサさんでは

憧れの包丁が、ギャラリーのようにディスプレイされ、

それは素敵な空間でした。



その後、タダフサさんお薦めの、「マルナオ」さんという

お箸やさんへお邪魔しました。(御許可を頂き撮影させて

いただいています。こちらから、写真があります…)



マルナオさんの素敵な建物、のどかな田園風景の中に

そびえています。



お店の扉のバーが、お箸なんです。可愛らしいですね。



お箸の端材で作られたという、とてもおしゃれな

ディスプレイ。





店内には、種類豊富にお箸が揃っています。

スタッフの方がとても丁寧にご説明くださいますよ。

さきのほそ~い八角形お箸は、なんと先端まで

ずーと八角形が続いているとのことです。凄い職人技。

あれこれプレゼント選びも楽しそうなお店です。

また、ぜひ再訪しなくっちゃ。



  




ショップの横にはオープンファクトリーが併設

されていて、職人さんたちが真剣にお箸づくりを

されています。女性の方が多かったのが印象的でした。

お部屋の壁にはマルナオさんの歴史が学べる

ディスプレイ。





楽しい三条さんぽ。ぜひご旅行の際のお立ち寄りに

お勧めです。
 
越後路 | comments(0) | trackbacks(0)